審査落ちする人と落ちないための工夫とは?

キャッシングベスト3

キャッシングに落ちるのはどんな人?落ちないための工夫とは?

初めてキャッシングを利用します。キャッシングには審査っていうのがあるんですよね?それでよく「審査落ち」っていうのを聞くんですが、それってどういうことですか?何となく、あまり良くないイメージがあるんですが、詳しく知りたいです。そして、それはどんな人がなるものなんですか?それと、「審査落ち」にならないための方法があれば教えてください。

お金を貸してもらえるかが決まるのが審査!そのためには信用が大事!

キャッシングの申し込みをしたからと言って、必ずお金を貸してもらえるわけではないのです。利用者がきちんと借りたお金を返すことができるのか、つまり返済能力があるのか、他の金融機関での利用歴や何かトラブルを起こしていないかなどを調べるのが審査です。金融機関も、ただ慈善でお金を貸しているわけではありません。しっかりした仕事ですから、貸したお金が返ってこないと困ってしまうのです。そのため、ここで「お金を貸すことができない」という結果を出されることもあります。これが「審査落ち」です。

では、「審査落ち」するのはどのような人なのでしょうか。上でも書きましたが、第一はお金を返すことができないと判断された人です。これは、全く収入がないとか、他の金融機関でお金を返せなかった、長期にわたる延滞があったなどの所謂「事故」があったという人です。これらを調べるために、審査では収入や就職状況(勤続年数など)、他の金融機関でのキャッシング状況などを確認されます。では、これらの審査を乗り切り、無事お金を借りるためにはどうすれば良いのでしょうか。

何より大事なのは、信用を得ることです。最初にも書きましたが、お金を貸す側としてはお金がきちんと帰ってくることが大切なのです。そのため、「この人ならば貸しても大丈夫」と思ってもらわないことには、お金を借りることはまず無理です。審査の時には、住所や職業、年収、他の金融機関でのキャッシング状況などを申告します。まずはここで嘘を書かないことが大切です。嘘をついても、ちょっと調べればすぐに分かってしまいます。今回の質問者さんの場合、キャッシング自体が初めてなので関係ありませんが、すでに他でキャッシングをしていたら絶対に自己申告してください。これを隠すと一気に信用はなくなるでしょう。また、2回目以降のキャッシングのために、借りたお金は期限内に必ず返すようにしてください。これは次のキャッシングの時に確認されます。ここで、「きちんとお金を返した」という実績を残しておくことが大切です。

また、就職状況についてですが、年収も大切ですが実は注意するべきなのは勤続年数です。勤続年数は、もちろん長く勤めていた方が良いのです。1つの所で長く仕事ができているということは、安定した収入がきちんとある人という風に見られるからです。短期で仕事が変わっている人は、たとえ審査時に仕事に就いていたとしても、またすぐに仕事を辞めてしまい、収入がなくなるのではないかという不安を相手に与えることになります。しつこいようですが、キャッシング審査の時に大切なのは信用です。収入や仕事については、自分ではどうしようもないことはありますが、信用を得るためにできることはあります。まずは最初の審査で嘘をつかない、ここから始めてみてください。

キャッシングの審査に落ちる原因ってどんなことをあるの?

「今すぐにお金が必要になったから、キャッシングを利用しようと思うんだけど、私は審査に通過できるのでしょうか?」という不安な声を良く耳にします。キャッシングを利用するに当たっては審査は避けて通ることは出来ないのですが、初めて利用する場合は特に、審査に通過できるのかどうか、審査に落ちて利用できないんじゃないか…そんな不安を感じることも多いでしょう。

では、実際に「こんな人は審査に落ちる」という目安があるかといえば、それはキャッシング会社ごとによって様々ではありますが、一般的な目安はあります。審査はあなた自身と直接面談があるわけではなく、客観的な情報からあなた自身がきちんと貸したお金を起源までに返してくれるかどうかということをチェックします。そのチェック項目も、そしてその基準が厳しいか緩いかもキャッシング会社ごとに異なります。

まずは、あなた自身の現在の収入の状況などをチェックされます。申し込みの際に記入した勤務先に直接電話があり、本当に在籍しているかどうかの確認が行われる場合もあります。例えば、現在の勤務先が大手の企業であったり公務員であれば、審査の基準を満たすことが出来るでしょうが、社員が数名程度の小さな企業や個人事業主であれば、他の条件を比較検討しながら、審査に通過できるかを判断することになるでしょう。また、勤続年数に関しても1年以上となれば審査基準はクリアできるかと思いますが、入社してわずかの期間である場合は、基準をクリアできない可能性も高まります。

また、キャッシングの借り入れ金額におっても異なりますが、例えば現在済んでいる自宅が賃貸か持ち家か、また結婚しているか未婚なのか…こういった点も審査の基準になる場合があります。

もう1つの重要な審査の基準として、他社からも借り入れをしているかどうかという点があります。当然ながら、既に大社から借金をしている状況であれば、新たなキャッシングを行う際には、そこのことは審査の大きなハードルとなってしまいます。例えば、現時点で複数のキャッシング会社から借り入れをしていたり、過去の借り入れであってもたびたび延滞している場合など、それらはすべて情報として残り、キャッシング会社すべてで情報を共有しているため、審査においては落ちる可能性も高まってしまいます。

以上はあくまでも一般的な審査基準であり、これらが満たされないからといって必ず落ちるというものではありません。あくまでも審査基準はキャッシング会社によって異なりますが、確実に希望額を借り入れしたいという場合には、ぜひ念頭に入れておきたい項目といえるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※審査が心配!?まず相談!※貴方の為の優秀サラ金紹介サイト! All Rights Reserved.