貧乏でキャッシング中!返済のために料理の節約術を知りたい!

僕は20代のサラリーマンです。ちなみに独身です。収入が少なく、キャッシングでお金を借りています。返済のためにもお金の無駄遣いを止めようと思い、自炊を始めました。でも、今まであまり料理をしてこなかったので、どうすればお金の節約になるかわかりません。節約料理のポイントを教えてください。元々大食いなので、料理はボリュームのあるものを作りたいです。

買い物から無駄遣い防止を!料理では同じ食材で数品作るべし!

節約術のポイントとしては、第一に余計なものは買わないこと!これは鉄則だね。このために覚えておきたいのが、買い物かごは手で持つこと。買い物に行くとついついカートを使ってしまいがちだけど、これはNG。手で持つことで、食材を入れて重くなるとたくさん入れていることに気づけるし、「重い、もうこれ以上持ちたくない」っていう気持ちにもなるから、無駄な買い物を防げるの。カートだと、ついつい入れちゃうんだよね。これが節約の天敵なの。それと、スーパーのチラシを見て特売品のチェックをすること。安いもののチェックは、節約のためには欠かせないよね。予め何を作るかを決めてからお店に行くと、余計なものを買わずにすむよ。これとあわせて覚えておきたいのが、まとめ買い。予算を決めた上で、安くて絶対に使うものをまとめ買いするのもポイントの1つ。ただし、余計なものは買わないようにしないといけないから、これは買い物に慣れてきたら試してみてね。

さて、安い食材の代表例って言ったらモヤシだけど、ボリュームのあるものと言ったら、やっぱりお肉はほしいのかな。特売品はあるし、スーパーでは時間によって値段がかなり安くなるから、お肉を買いたいならそこを狙うといいよ。それと、野菜にも言えることだけど、お肉もなるべく長持ちするものを選ぶこと。消費期限が近いものだと、すぐに食べなくちゃいけなくなって、また買うことになっちゃうからね。そうは言っても、お肉の消費期限は短いもの。だから、下ごしらえを終わらせてから冷凍にしたり、大量に料理をしてから冷凍保存したりすると、無駄にならないだけじゃなくて光熱費の節約にもなるからおすすめだよ。

料理のポイントだけど、同じ食材で数品作るのがいいかな。例えばひき肉なら、ひき肉入りのきんぴら、ハンバーグ、シュウマイが作れるよ。安くたくさん買えた食材を使って、何品か作ることで飽きることもないし、一度に作れるものなら上で書いたように保存ができるから、節約にはもってこいなの。こんな風に、料理で節約しようと思うと結構いろいろ考えることがあるよね。最初は大変かもしれないけど、慣れてきたら楽しいものだよ。節約料理は、単純に食費だけじゃなくて水道代やガス代、電気代の節約にもなるから、ぜひ試してみてね。

これこそやりくり上手!貧乏な方の美味しい節約料理

毎月の収入の中から、光熱費や家賃などの必要経費を除いた金額でうまくやり繰りしていかなければ、赤字ということになってしまいます。赤字になればどこからか工面しなくてはならないのですが、「借金は嫌いだからキャッシングは出来るだけ利用したくない」という方もいらっしゃるでしょう。また、すでにキャッシングを利用し、毎月の返済という新たな必要経費が加わったことで、やり繰りに苦労されている方もいらっしゃるかと思います。

生活のために使えるお金の中で、毎月上手にやり繰りをしていかなければなりません。とりわけキャッシングを利用したことにより、毎月の返済が発生した場合は、その支払い金額の分だけ何かを削らなければ、生活は苦しくなってしまいます。

そこで、今の家計を見渡してみて、何か削れる部分はないかと考えてみると、やはり食費が目につくのではないでしょうか。食費をある程度削ることができれば、例えばキャッシングの毎月の返済分や赤字の穴埋めができる可能性はあります。

そこで、貧乏であるからこそ節約に重点を置いた料理で、食費を削ってみてはいかがでしょうか。インターネット上には様々な料理のレシピが掲載されたサイトがありますが、中にはいかに節約しながら、それでいてけして貧乏に見えず、むしろ豪華に感じることができる料理がたくさん紹介されているサイトも数多くあります。このようなサイトを参考にすれば、無理なく、しかもより食事を楽しみながら、食費を削り、節約することが可能になります。ぜひ試してみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※審査が心配!?まず相談!※貴方の為の優秀サラ金紹介サイト! All Rights Reserved.